企業情報

東京施設工業(TSK)は1960年(昭和35年)の創業以来、たばこ製造技術で蓄積されたエンジニアリング技術が、問題解決型の技術集団企業として高い評価と信頼をいただいてまいりました。特に搬送エンジニアリングとインテグレーションの融合技術は、食品・薬品の加工技術、省力化・自動化の物流設備などには定評があり、様々な産業分野にその技術を提供してきました。

当社は『お客様企業の価値向上を通して企業の繁栄と社会の進化に貢献する』ことを使命としており、そのために、

  • 技術集団としてお客様から喜ばれ、社会に貢献できる企業
  • 仕事を通じて、生きがい、働きがいがあり、自己実現のできる企業を経営方針として掲げております。そして、
  • 新技術の研究・開発に基づいた問題解決型の技術集団として、お客様企業の価値向上に貢献することによって高い評価と信頼を得る。
  • 信頼性の高い製品を提供するために、お客様へのサービス向上に努め、徹底的なコスト削減と高品質の製品を提供する強靭な企業を目指す。
  • 個人はそれぞれの分野で専門家として常に自己革新を行い、会社はそのための能力開発の支援を行動指針としております。

当社はこれからも搬送エンジニアリングとその融合技術をコアテクノロジーとして常にあらたな技術革新に挑戦し、お客様をはじめ、広く社会から信頼され必要とされる企業への努力を重ねてまいります。

これからも、皆様の温かいご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長
成田 行生